Search
Search Menu

合宿免許で左ハンドルを体験する

合宿免許とは、自動車教習学校が提供している自動車・バイク免許取得方法の一つです。教習所が用意した宿泊施設に泊まり込みで短期間の免許取得を目指します。
合宿免許では日本の道路を運転することを前提にした講習を行います。そのために日本車を使用しており、原則として左ハンドルの外国車は使用されていません。もちろん自動車免許証を取得すれば外国車でも運転はできるので、左ハンドルを体験したみたいというのなら免許を取ってから実践してみるしかないのが現状です。
しかし、そんな中でもBMWやベンツなどの外車を運転できる教習所も一定数存在します。外車=左ハンドルではないですが、外車自体に興味がある方は事前に確認してから参加する合宿免許を選んだ方がいいでしょう。
外車を運転する時には日本車との違いに注意しなくてはなりません。左ハンドルなのはもちろん、ペダルの重さ、ウィンカーなどレバーの位置が異なります。感覚的な違いですが、慣れていないとうまく運転できないのがネックです。
教習所で体験するという人はそもそも日本車にも慣れていないため、車種が変わることで感覚の切り替えがうまくできないということがあります。いずれにしても慣れでしか解決できないので、慎重に運転することです。